プロレス・格闘技の情報満載!全日本・ノア公式モバイルサイト

10/29【WWE】アスカが代理人ペイジに毒霧噴射もカイリがベイリーに敗戦、チーム・フレアーvチーム・ホーガン激化 乱入オートンがリコシェをRKO葬

 ロウが米国現地時間28日、ミズーリ州セントルイスのエンタープライズ・センターで開催された。

 WWE女子タッグ王者カイリ・セインがロウ女子王者ベッキー・リンチとノンタイトル戦で激突した。カブキ・ウォリアーズは3週間前にベッキー&シャーロット・フレアーと対戦し、カイリがベッキーから大金星を挙げた。快進撃を続ける二人は復帰した代理人ペイジの呼び込みを受けて登場すると、アスカが「ワシらがチャンピオンだ」と叫び、カイリも「誰も私たちに勝てない」と自信満々。さらにアスカは用なしと言わんばかりにペイジの顔面に毒霧を噴射した。そこへベッキーが現れ、カブキ・ウォリアーズ2人を蹴散らした。そのままカイリとベッキーのシングル戦がスタート。ベッキーがアスカの介入に手を焼きながらもベックスプロイダーで攻め込むと、カイリはイカリやDDTを決めて反撃。終盤には裏拳を決めたものの決定打とはならず、最後はベッキーにディスアーマーを決められてタップ負けを喫した。

 PPV大会『クラウン・ジュエル』で行われる5対5タッグ戦を前にチーム・ホーガンのリコシェとチーム・フレアーのドリュー・マッキンタイアの再戦が実現した。先週の前哨戦はマッキンタイアがクレイモアでリコシェを撃破している。連敗は許されないリコシェがゴング前からトペ・スイシーダで先制。体格で勝るマッキンタイアはリング内外でリコシェを投げ飛ばして圧倒し、ホーガンにも詰め寄って挑発したが、リコシェはリバース・フランケンシュタイナーから延髄斬りを決めて劣勢を打開すると、スプリングボード・クローズラインとムーンサルトを立て続けにさく裂させてペースをつかんだ。マッキンタイアがクレイモアを狙ってもカウンターキックで阻止して勝負に出ようとした。が、突如チーム・フレアー・キャプテンのランディ・オートンが現れ、リコシェにRKOを敢行。反則裁定が下されたものの、リコシェを沈めたチーム・フレアーが前哨戦で再び勢いづいた。PPV大会『クラウン・ジュエル』は日本時間10月31日深夜にWWEネットワークでライブ配信される。

プロ格 情報局